「駅舎は単なる機械や道具だろうか」

2014 熊本日日新聞

西 山 英 夫

 先般熊日紙上で熊本駅前の今後を鑑みる、他県の現況をレポートする特集を読んだ。
長年職場近くで変貌を見て来た者として、18年度の駅舎の完成を心待ちにしている。
 さて翻って、衰退の一歩をたどる各市町の駅前であるが、何処もなかなか明るい未来が
見えず、さびしさと不安が募るばかりだ。かつてはその町の顔であった駅(舎)も、今は
毎日のルーティンな乗降のみの機械になったような気がしてならない。
 過日、本紙こちら編集局に、私と同じ地域に暮らす方の松橋駅に関するコメントが出ていた。
今年度から新築工事に入る駅舎について、その閉鎖的で無機的な表情を残念がっておられたし、
正直私も全く同感の思いを抱いた。建築の世界に携わる者として、日頃通りすがりの街並みや
建物に自然と注意を払ってしまう訳だが、3年程前、自邸に初めて招待したわが師と車で
駅前を通り過ぎた折、窓越しに彼は「松橋駅、とても趣のあるいい駅舎だね」と語り出した。
日本建築学会の副会長も務めた計画学者からのほめ言葉に、何だか少し誇らしかった。
かつて駅を舞台にした数多くの映画や小説に心惹かれた。長い年月が創り上げる人々の
記憶や親しみ、我々の精神生活はそんな日常の様々な風景に支えられている。数年前に
宇土駅が同じく新しい姿に変った、がっかりした。以前の宇土駅を知る方もたぶん同様だと思う。
事業主体や費用・スケジュール等の諸問題はあろうし、種々の委員会や討議を経ての着工だろう。
しかしこの新しい松橋駅の姿が各位の良識と判断であるとすれば、手続きとしての民意集約や
合意もむなしさがつのる、誠に残念でならない。